肌のタイプ別に分けてアンチエイジングのメイク方法を公開!たるみ萎みの簡単対策

皆さんあけましておめでとうございます(*’ω’*)

いつもこのブログを読んでいただいてありがとうございます(^^♪

今年も更新頑張りますので、変わらず応援のほうよろしくお願い申し上げます。

今年もよろしくお願い致します。

 

それでは、2014年一発の記事にいきます!

 

老化の傾向は大きく分けて2つあります。

 

一つは膨らみ系と、もう一つはしぼみ系。

 

この二つに分けることが出来ます。

 

二つに分けて何の意味があるのかというと、

自分がどのタイプか見極めることによって

老化を防ぎやすくすることが出来ます(^^♪

 

そしてこれは考えようによっては

スキンケアだけでなく、

メイクにも応用できるのです。

 

それではこの二つのタイプ別に分けて

症状とメイク法を見ていきたいと思います(*^-^*)

 

膨らみ系の症状

 

この肌はふっくらしていますね。

そして少しオイリーな部分もあります。

そしてその分少し重い傾向があります。

 

そしてこの膨らみ系は、

ある時期から顔全体が下がり気味になってきて

フェイスラインが膨らみ、全体的に緩んできますので

毛穴が目立つといった症状が出てきます。

膨らみ系のメイク法

 

膨らんでいるので骨格が見えません。
スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

なので正解のメイク法は、骨格を作ることです(*’▽’)

 

額から鼻筋、あご先にかけてのTゾーン、

こめかみから目の下の骨にかけてCゾーンにハイライトを入れて

顔の骨格を強調するメイクが有効的です。

 

選ぶべき色の注意点があります。

 

微細なパール感を放つ、

ベージュにしてください。

 

萎み系の症状

 

このタイプは肌がドライです。

そして油分もないですね。

 

水分や油分がないために

しなびてきてしまい、

全体的にしぼんで見えてしまいます。

 

そして膨らみ系とは逆で、

骨格が目立ってしまう傾向にあります。

 

萎み系のメイク法

 

萎み系は骨格が目立ってしまっているので、

正解は肉を作るメイクが良いです。

 

ここで重要なのがチークの存在です。

 

チークを使えばすぐに肉感をプラスすることが出来ます。

 

そして使うべき色は、明るいピンクです。

それもかなり明るいものが良いですね!

そしてこちらも、微細なパール感を放つものが好ましいです。

 

そうすれば、萎んだ感じが緩和され、

みずみずしい肉感をプラスすることができます。

 

まとめ

 

自分のタイプがどちらおかを把握しておくだけでこのような対策が簡単に取れます。

 

そして自分に合ったアンチエイジングの方法も早期に行っていけます。

 

まだまだ自分には関係ないと思っている人も

今から方向を見極めて

対策しておけば今後老化いていくであろう自分に

ストップをかけることが出来ます。

 

今からしっかり理解しておくと全然ちがうとおもいますよ(*^-^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一日一ポチお願いします(^^♪

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

RSSリーダーで購読する

他のお得な美容情報はこちら

一度は目を通して欲しい記事

このページの先頭へ