洗顔は肌を傷める!?「洗う洗顔」から「洗わない洗顔」へ

私の肌はスキンケアの概念を変えてから安定してきました。(過去記事参照

私の肌質が安定して綺麗になり続けているものはコチラ

 

私は肌には少し自信があったとお話しましたが、

実は高校一、二年生の時はひどく肌があれていた時期がありました。

 

その時はメイクを繰り返して肌荒れを起こしていると思って

しっかりと洗顔をしていましたが、全く治らずで、途方に暮れていました。

お医者さんにかかっても全く原因分からずであきらめていて自分の肌が大嫌いでした。

 

薬をもらって塗っても全く治らないのでしっかりと洗顔を繰り返し、一日二回は確実に洗っていました。


しかしそれが負のスパイラルを生み出していたとは夢にも思いませんでいた。

 

騙されたと思って洗顔をやめてみて

 

私は赤みがかった大嫌いな自分の肌を治すべく、何度も何度もあきらめそうになりながら、

皮膚科を渡り歩きました。

そのたびに原因不明の肌荒れで薬を出されるのみで何も解決しないままでした。

当時の私は半分死んだ目をしていたに違いありません(笑)

 

そこで私は運命の医者に出会いました。いや、お医者様ですね。

そのお医者様は私の肌を触診してこう言いました。

 

「ちょっと洗顔やめてみようか、今回は薬を出すのをやめておきますね」

 

私は当時のことを今でも容易且つ、鮮明に記憶に呼び覚ますことが出来ます。

五秒くらいでしょうか。私が硬直してしまった時間は。

そして次にようやく理解することができました。

 

「あぁ、今回は本格的なやぶ医者にあたってしまったのか…」

 

そして先生は言いました

「顔を洗うときごしごし洗ってるでしょ?薬で治らないなら肌荒れの理由はそこだと思うんだよね。」

 

私は心当たりがありました。

まずメイクを落とすためにごしごしを一回。


次に、肌荒れを直すため丁寧にごしごし二回。

 

もう、騙されたと思って実行してみよう。


私は素直に実行してみることにしました。

 

私が実行した「洗わない洗顔」

 

私が行った洗顔は全く手の込んだことはしていません。

ただ単に、「クレンジングオイル」から、「クレンジングミルク」にかえやさしく丁寧にふき取るだけにしたのです。
スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

 

今までがしっかりと洗ってきたもので、この洗顔に変えることがどれだけ勇気のいることだったか(笑)

断腸の思いとはこのことですね。

 

そして断腸の思いで洗顔を終え、極限の不安状態の中で就寝をすることにしました。

そして大変なことが起こりました・・・

 

私の赤みがかった肌が完全とは言えませんが


 

明らかに今までとは違い、治まっていました。

 

そしておまけに、「柔らかく」なっていました。

 

私はクレンジングミルクに変えただけでです。

 

こんな簡単なことで今までの悩みが解決してしまいました。

 

初日は喜んでいたものの、よくよく考えたらたまたまなのではないのか、

当時、一瞬にして恐ろしくなった記憶があります。

 

そして、その日も「洗わない洗顔」を試してみました。

すると、翌日も確実に良くなっているのです。

 

次第に良くなっていくと同時に自信も湧いてきました。

 

あなたの肌が思い通りにならないと感じているなら洗わないでください

 

これは今あなたが自分の肌がなかなか綺麗になってくれない、


自分の肌が大嫌いだと思っている人は勇気をもって洗顔をやめてみてください。

 

そして、そのやり方とは
  • クレンジングオイルからクレンジングミルクに変える
  • 洗い流すのをやめて、化粧水を含めたコットンでやさしくふき取る(気になる方はぬるま湯で洗ってもOK)
 

たったこれだけでいいです。

 

不安だと思いますが、実行しないとあなたは一生変わることが出来ません。


動ける人は確実に自分の未来を変えていきます。

 

洗わない洗顔は私のお勧めのこちらでお試しください

 

この商品はクレンジングにソープがついて来るものがありますが、ソープは無しで大丈夫です。


やさしく丁寧に拭き取ってください。

 

敏感なあなたの肌にこそ、オーガニックを使ってください。

ココナツミルクを使用しています。

 

このクレンジングであなたは自分の肌が大好きになれるはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一日一ポチお願いします(^^♪

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

RSSリーダーで購読する

他のお得な美容情報はこちら

一度は目を通して欲しい記事

このページの先頭へ