飲み物は水にするべし

 

日本人ははっきり言って

塩分をとりすぎる傾向にあります。

 

どこと比べて?っていう話だと思うんですけど、

もちろん世界目線でです。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

 

それはなぜかというと

和食は塩、しょうゆをたくさん使うからです。

 

そのため塩分濃度を下げるために水は必須です。

 

なぜか、水を飲むと、

むくんでしまって逆効果なんて話が出回っていますが、

それは少し間違っています。

 

むくむこと自体は間違っていませんが、

もう少し記事を読み進めていってもらえればわかります。

 

話を戻しますが、

塩分をとりすぎると血液がドロドロになってしまいます。

 

このドロドロ血液というのは

科学的に悪影響を及ぼすことが証明されています。

 

水を飲むというのは、

この濃度を薄めるために飲むのです。

いや、日本人ならば飲まなければならないのです。

 

この流れの効率的な結論を言いますと
  1. 一日に水を二リットル近く飲みます。
  2. そうすれば体内の塩分濃度が薄まって美容効率が上がります
  3. 飲んだ水が排出されやすくするためエクササイズを取り入れる
  4. エクササイズをしたことにより代謝が高まり塩分と水分が一緒に抜ける
 

このサイクルを繰り返すことで健康な体の循環機能が出来上がります。

 

このエクササイズの工程を取り入れないと

水分がたまってしまい逆効果でむくんでしまいます。

 

この循環させるということが非常に大事なんです。

 

むくんでしまうという情報が蔓延しているのは

エクササイズは辛いからと言ってやらなかった人たちが

流した情報でしょう。

 

しっかり取り組めば絶対にむくんで終わることはありません。

断言できます。

 

なのでこれからは意図的に水を飲むようにしてください。

そしてエクササイズを取り入れてください。

どうしても、どうしてもエクササイズが続かないという方は

どんな形でもいいので汗をかく努力をしてみてください。

 

これらのことを意識して過ごしていくといでしょう。

 

ちなみに水のお勧めはマグネシウムとカルシウムが

豊富に含まれた硬度の高い水にしてください。

 

エビアンで間違いないと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一日一ポチお願いします(^^♪

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

RSSリーダーで購読する

他のお得な美容情報はこちら

一度は目を通して欲しい記事

このページの先頭へ