肌の若さがうかがえるのは、シミやしわの数ではなく質感

これは私が以前モデルのお仕事を

少しやらせていただいていた時のお話。

 

あるスタジオにて、

某女優さんと一緒にお仕事をする機会がありました。

その女優さんの肌を見てびっくり!

私は生まれて初めて「透き通るほどの肌」というものを目の当たりにしました。

 

はっきり言って、

それまで私もそれなりに肌の綺麗さには自信はありました。

しかしそれを軽く凌駕している肌でした。

例えるなら「光リ輝いている」というのでしょうか。

 

それから撮影が始まり私はあの肌のことが

気になって仕方ありませんでした。

ただ純粋に「触れてみたい」

そのことだけが頭の中を駆け巡っていました。

 

撮影中は肌に触れる方法をひたすら考えていました(笑)

そしてついにあの肌に触れる方法を発見します。

 

そして撮影が終わり一目散にあの女優さんのもとへ。

撮影中練りに練ったあの肌に触れる方法をすぐさま試しました。

 

「お疲れ様ですッッッ!!」

 

と手を差し伸べました。(普通の作戦ですが当時はエジソンと肩を並べたような感覚でした)

 

そして某女優さんは

「あっ、お疲れ様」

と手を差し伸べてくれたので遠慮なく握手させていただきました。(その節はありがとうございました)

 

いや、かなり食い気味に

「あっ、おつか・・・」

の時点で手を握っていたかも知れません。

私はそれくらい触れてみたかったのです。

【光を放つ肌】に。

 

そしてついに触れてしまいました。

 

それは今まで感じたことのない質感で、私の肌とは全く異なるもので


かなり衝撃が走ったことを今でも鮮明に覚えています。

 

ツルツルなんて当たり前。

ふわっふわなのです。

 

この時に私は痛感しました。

本当に綺麗な肌というのはこういうものだったんだな、と。

 

目先の、しわの一本だったり、シミの一つ、ここにフォーカスして一喜一憂するのではなく


肝心なのは触れてどうなのか、ということ。

 

つまり、触れたら心地よい肌質を目指せばその他の結果はついてくるのではないかということに気づきました。

つまり、ファンデーションで覆い隠すのではなく、基礎の基礎を極めれば良いのではないかと。

基礎の基礎とは肌の質感ですね。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

 

それからです、私が肌質にフォーカスし始めたのは。

 

それからは、やはり肌を褒められることが増えてきましたね。

 

肌を【隠す】から、肌を【変える】に注目したによって劇的に変化したのは言うまでもありません。

 

スキンケアの具体的な方法

 

まずは自分の肌に触れてみてください。

ざらつく部分があるはずです。

ざらつく部分がないあなたは、優秀です。

 

次に法令線の周りの弾力はあるかどうか。

ここも弾力がなければ美しい肌には見えません。

 

額の周りのべたつきを確認してみてください。

 

これが今までファンデで隠すことをしてきた方は当てはまっていることでしょう。

 

質感の良い肌を目指せばこれらの問題は自ずと解決します。

 

美容は課題を忠実にクリアしていくために動ける人間、

つまり一歩踏み出せる人間が綺麗になります。


頭では分かっていても動けない人間は

今後どんどん差が開いて行くでしょう。

 

美容は行動しないと何も解決しないどころか、

行動しないと、悩みはどんどん掛け算式に増えていきます。

掛け算式というのは弊害が次々に起きてしまうと言うことですね。

 

美容で最大の方法は必ず一歩踏み出すことです。行動してみることです。

 

最高に安くてあなたの肌トラブルを解決できるものを用意しました。

 

実際に私はずっと愛用しています。

この値段であなたは動くことが出来ないのなら一生肌は綺麗になれません。

究極美容を目指すならその一歩踏み出さないと。

類似品もあるようですので騙されないようにコチラからの購入してください。


↓↓↓↓↓↓↓↓


ここをクリックで購入ページに飛びます。私はこれでスキンケアは十分です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一日一ポチお願いします(^^♪

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

RSSリーダーで購読する

他のお得な美容情報はこちら

一度は目を通して欲しい記事

このページの先頭へ