メイク直しが苦手な人は直すのではなく印象を変えること意識するべし

こんにちは、アンです。

 

最近、昔と比べて化粧を直す機会が減った、

という方はいませんか?

 

実は、私もその一人なのです(^▽^;)

 

そういう時は自分に「忙しい」

言い訳にして、しょうがないと言い聞かせて見過ごしてしまいます。

 

でも、実はそうじゃないと自分では気づいています。

 

本当は【怖い】と思ってしまっているのです。

いったん崩れてしまったメイクを直すことが。

 

昔、10代の頃の肌の潤いとは歳を重ねるごとに

程遠くなっているのは誰しも思うはず。

 

私もあのころの肌をまだ覚えています。

 

でも現在はそうではなく、

肌の土台が力を失っていることを実感しています。

 

そしてその状態で無理にメイクを直そうとすれば、

さらにひどくなってしまう事だってあります。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

 

それなら無理に直そうとして余計に崩してしまうのであれば、

いっそ気付かない振りでもしておこうと(笑)

 

でもそれではいつまでたってもこのままだし、

どんどん劣化していくばかりです。

 

そこで何かいい方法は無いかと考えました。

そして全く逆転の発想が生まれましたのでご紹介します。

メイクは直そうとせず、印象を変える

 

この逆転の発想が私のメイクを変えてくれました。

 

肌を直そうとするから失敗するんだ。

それならチークを使って印象を変えてみよう。

 

mFpN1OzwsYePmy-A3ixMejg

 

なぜメイクは時間がたつと崩れてくるのか、

それは肌色がくすんでくることあります。

 

肌を直すには全部やり直さないといけない。

途中からやり直すから逆に疲れて見えてしまうんだ。

 

ならばチークが与えてくれるフレッシュ感で

カムフラージュしてみてはどうだろう?

 

見事にこの作戦がハマりました(*’ω’*)

 

他に失敗するところはどこだろう?

 

私の場合はアイメイクです。

 

目元がつかれたように見えてきてしまったら?

私なりの答えはそう、唇を生き返らせて、印象を変える。

 

疲れたように見える目元を、

カバーしようとして起こり得ることは、

くすみを倍増させてしまう事です。

 

それなら唇を生き返らせて

印象を変えたほうが私は新鮮だと思いました。

 

もちろん、一番良いのは最初からやり直すことですけどね。

 

それが出来ない場合は、

無理にメイクを重ねるのではなく、

他の部分の印象を変えてカモフラージュする。

 

歳を重ねるごとについてくるメイクの知恵、

皆さんも一度お試しください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一日一ポチお願いします(^^♪

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

RSSリーダーで購読する

他のお得な美容情報はこちら

一度は目を通して欲しい記事

このページの先頭へ